定期試験後の切り替え

中学生は試験後の振り返りから早速学校の授業も進み始めたので、切り替えて学習習慣を付けられるよう取り組み始めています。

学校の提出物や宿題の取り組み方については机に向かう第一段階がまずできるかどうかがカギとなります。では、机に向かい何をすべきかというところ。それを授業の時間で生徒さんと話しながら決めています。

学校で習った単元の復習、塾の授業で習った単元の復習、どちらも重要です。まずは学習習慣を付けるテーマでいけばどちらかでも「やる」・「やらない」の「やる」を選択できているかです。まずこの声掛けと宿題の計画の立て方について話しています。宿題は出題しますが、生徒さん自身で何を復習して宿題で行うべきか考えられるようフォローします。自分で考えられるようになるまではリードしたり、発問・ヒントを与えつつ取り組んでいけると良いかなと考えています。自分で考える習慣を大事にしてほしいと思います。

授業で理解し、演習で定着度を確認し、それらを復習する時間を作るきっかけ作りを始めています。

試験後、問題・解答を分析していると何が良くて、何が課題かというのがわかり始めます。

学習習慣を付けるため、慣れるまでは大変に感じるかもしれませんが、実行できているかの確認、プロセスを見ていきたいです。今後の成長を楽しみにします。そして、その成長にきちんと関わります。

さて、今週末個別相談会を開催いたします。

日時:11月28日(土)14:00~19:00

体験授業受付中です。お電話、当塾HPよりお気軽にお申込みください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる