国語(読解力)

当塾の通常授業の国語は読解力の向上をテーマに演習を行っています。

大人になって国語の重要性を感じることがありました。読む力、書く力、表現する力など・・・

国語の学習は教科書の話でいくと主に文学的文章(小説・物語)、説明的文章が中心になります。

小説の特徴、説明文の特徴をそれぞれを掴むことが大事です。読解問題を解く上で必要な知識を高めていくことも必要となります。読み方、解き方、知識の向上を考えると当然時間はかかります。算数・数学の文章題、英語の読解問題、理科・社会の文章・表の読み取りといったところに関連して力は上げられると考えています。何について書かれているのか、何を問われているのかを理解することに慣れるための解説・演習を続けていきます。

中学生になると文法・古典といった内容が濃くなっていきます。一夜漬けで暗記すれば確かに点数は取れますが、知識・内容を理解した上での定着になると良いことがあります。英語の文法に関連したり、高校内容の古典に繋がったりと今後のいろいろな場面でこれまで学習してきた同じ用語が飛び交うこともあるでしょう。

国語の必要性や勉強方法について悩まれる生徒さんは少なくないかもしれません。そんな国語の疑問を少しでも解決できるような役割になりたいと思います。

本日もお読みいただき有難うございました。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる