算数・数学

本日は算数・数学について

2~3学期の学習内容は小学生ですと図形や文章題に入っている時期です。中学生は主に図形中心の内容に入っています。前回のブログにて国語で読解力について触れましたが、文の読み取り、式の立て方、用語を覚えていくことが必要になります。

文章題・図形と言うものの、問題演習の際には計算が必要になることがもちろんあります。計算の基礎を固めていくこと。ノートの取り方、途中式を丁寧に書くことができているかのチェックも加えています。ノートの見やすさや何についての式なのか、筆算を残しているか等々・・・ 計算を正確にできるようにしていくこと。得点力に繋がりますね。それらができた上での文章題、図形の力を付けられるようフォローしていきたいと考えております。一人ひとり学習状況・性格もありますのでその辺りは柔軟に対応したいものです。

テスト後でよくある事例としては「ケアレスミス」をいかに防げるかというテーマですね。積み重なっていくと得点への影響も・・・。

テストでは時間内に解いたり、プレッシャーがかかることがあります。克服するためには練習の仕方です。繰り返し量を行うことも大事です。

意識して取り組めているか」

ミスを防ぐために何をしたらいいのか、テストで自信を持って臨めるようにするにはどうしたらいいのか。日頃の取り組みの中で何度でも言い続けます。どの科目にも共通して言えますが、新しく覚えることだけでなく覚え続けていられること。日頃の積み重ねを大事にしていきたいと思います。

「学問に近道なし」

できることから一つずつ達成できるようにしたいものですね。

本日もお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる