中3受験生の2学期中間テスト後、何ができる?

あきる野西中の中間テストが終了しました。10月4日・5日と夏休みが空けてからあっという間でしたね。

さて、中間テスト後にどんな勉強ができるのかという点です。

テストが返却されるまで少し期間が空くと思います。学校では復習確認テストという名の模擬試験に近い形式の内容も行われることがあるでしょう。

本来ならテストが返されたら各科目ごとに振り替えるのが良いのですが、返却されていない場合は少し時間が作れます。この時にできる勉強って何なのだろうか。

中間テストが終えて一息つける。だが、もう中3受験生の成績に関わる期末テストまでの残りの期間はもう少なくなってきているのです。

テスト終わったら何しよう?
→勉強です!! テスト返却されたら振り返りができると良いですよね。 保体・美術・技家・音楽の勉強はできるはず!!

2学期中間テスト後の勉強をしないよくある言い訳→解決方法
・学校の授業進んでないのにワークなんて取り組めません。→これまで受けてきたVもぎ・復習確認テストの解き直しを行うことができますよね。
・学校の授業まだテスト返却しかしていません→テスト返却された科目から間違えた問題の分析と今後の学習方法を見つめ直しましょう。そして、これまで受けてきたVもぎ・復習確認テストの復習をできますよね。
・中間テストの振り返りが終わったのですが→Vもぎ・復習確認テストの復習ができますよね!!
・Vもぎの復習が終わったのですが・・・→素晴らしい!あぁ~英語の教科書の単語の予習くらいできますよね。実技科目の勉強も始められますね。
・2学期期末試験範囲出てないのでどうすればいいかわかりません→これまでの試験範囲から次の試験範囲の予測は立てられるところもあるでしょう。実技科目は1学期の期末テスト後の内容、2学期から始まったところが試験範囲なので学習できますよね。

辛抱強さが求められます。一応頭の片隅には入れておきましょう。受験生の意識として。

今回の中間テストまでで悲鳴を上げるほど勉強をした、部活を引退したという理由で1学期と比べて明らかに学習量が増えた生徒が多いでしょう。夏期講習から勉強の体力をつけて学習に励んだことができたでしょう。

ただ、学習習慣は積み重ねですからまたゼロに戻ると勉強の感覚・体力を戻すのに大変になります。受験生、ゼロには戻らない学習習慣を付けていきましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる